Policy &
Mission
冨士クラスタグループ
の理念と事業への想い

ポリシー&ミッション

冨士クラスタグループは、「くらす くらし」をテーマワードに事業を展開・推進しています。
お客様満足度の高いサービス提供のために、グループ全体で取り組んでいきます。

皆さまとともに
より良い暮らしのサービスを

社名にこめた
グループ事業の想い
冨士クラスタグループは、2012年、創立50周年を機に、前身である冨士鉱油グループから冨士クラスタグループに生まれ変わりました。地域社会、お客様、お取引先様、そして従業員、その家族の皆様の笑顔につながる事業、企業活動を進め、「くらす くらし」の総合カンパニーをめざし、社名・グループ名を変更しました。快適で、豊かな「くらし」を支え、応援する「くらす くらし」のスタジアム・「くらす くらし」のステーションとして、成長・進化を続けていく企業グループでありたい。それが社名・グループ名に込めた私たちの想いです。
企業スローガンについて

冨士クラスタグループが、現在、皆さまにご提供申し上げる様々な事業とサービスは、創業以来、半世紀にわたり、地域のお客様をはじめとする社会そしてお客様のより良く快適な「くらし」を追求し続けてきた成果です。
私たちは、これからもこの「くらし」の視点を大切にしようと考え、グループ名そして社名に「クラスタ」という言葉と、創業の精神を私たちのバックボーンとして継承していくために、「冨士」とあわせて、「冨士クラスタ」とすることにいたしました。さらに、お客様、お取引をいただいている皆さま、私たちを支えてくださっている皆さまとともに、より良い企業をめざしていきたいという思いをこめて、創業以来の理念でもある「もろ共により良く」という言葉を、グループ全体のスローガンにすえることにいたしました。

もろ共により良く Be together Be better living
代表者メッセージ
人々の豊かなくらし作りに
貢献するために
まっすぐに 誠実に これからも

冨士クラスタグループの創立は1962年(昭和37年)。高度経済成長が始まろうとする時に、暮らしを豊かにする新しい家庭用エネルギーとして社会に浸透し始めていたLPガスの卸売り業者として設立されました。
お客様、取引先、地域の皆様とともに成長し、豊かなくらし作りに貢献する「もろ共に より良く」という創業以来の理念に込められた想いは、現在も変わることなく、グループの基本となっています。


LPガスをはじめ都市ガスやでんき、灯油等の家庭用エネルギーを提供する企業として、さらにオートガスや水素ガスをはじめとした自動車用燃料やデイサービス、不動産など、人々の暮らしをサポートする企業として企業活動を続け、社会に貢献してまいります。


「くらす くらしのスタジアム」「くらす くらしのステーション」として、人々の豊かなくらし作りを支える企業として、社員一人ひとりの行動やサービスの提供などを通じて、成長・進化を続けていきたいと考えています。


エネルギーをはじめとしたライフライン事業者として、社会性の高い事業を担う企業として
お客様の期待以上の満足を提供するグループとしての歩みをこれからも進めてまいります。


冨士クラスタ株式会社
 代表取締役 園木 章夫

企業姿勢

冨士クラスタグループでは、これまでグループを取り巻くステークホルダーのみなさまと良好な関係を築くことを目指して企業活動を実践してまいりました。

企業活動とは、そこで働く社員一人ひとりの行動の積み重ねであることは言うまでもありませんが、様々なステークホルダーの皆さまから受け入れられるためには、社員全員が法令を遵守すること、社内規定を遵守し、社会規範を尊重し企業理念に則った行動をとること、即ち「コンプライアンス経営」を徹底していくことが必要不可欠と言えます。

そこで、冨士クラスタグループではコンプライアンス経営を徹底するための「コンプライアンス・マニュアル」を制定・発行し、また全社員からコンプライアンスに関する内容を理解すると共に遵守していく「確認書」を取得しています。

企業行動憲章

この「企業行動憲章」は、当グループが企業活動を行っていく中で役員および 従業員が遵守すべき普遍的な考え方を
定めるものです。
役員および従業員は、この「企業行動憲章」の実践を自らの重要な役割として認識して、グループ内組織だけでなく関係先を含めての周知徹底と定着化に最大限努力するものとします。
また、この「企業行動憲章」に抵触する事態が発生した場合には、自らの責任で問題解決を図り、原因究明と再発防止に向けた業務改善を行うものとします。

  1. 健全な企業活動の展開
    • 法令、企業倫理、社会的規範、そして社内ルール・業務マニュアルを遵守することにより、公正かつ健全な企業活動を行います。
    • 優れた商品・サービスの提供と高度な安全性を維持しながら、顧客、取引先、 社員、株主、地域社会等の幅広い社会との健全かつ良好な関係の維持に努め、自由で透明な市場競争に基づく公正な取引を行います。
  2. 健全な職場環境の確保
    • 社員一人ひとりの人格・個性・生活を尊重すると共に、その主体性と創造力を最大限に高めることのできる企業風土を実現します。
    • 職場の安全と社員の健康を守ると共に、人権を尊重し、差別のない健全な 職場環境を確保します。
  3. 健全な社会コミュニケーションの実践
    • 地域社会との密接な連携と協調を図り「企業市民」としての社会責任を自覚し、ライフライン供給事業者としての使命を果たしながら地域社会の発展に貢献します。
    • 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力への関与を排除します。
    • 地球環境をより良き状態に維持していくために省エネルギー、廃棄物の削減等を推し進め、企業活動との共生を目指します。
ユニフォームについて
世界で一つだけのオリジナルデザイン

『ブランドを体現し、社員の士気も高まる、世界に一つだけのユニフォームを作ろう』というコンセプトで、冨士クラスタの営業社員とファインエナジーの社員を対象にしたオリジナルユニフォームを制作しました。
コーポレートカラーのクラスタブルーとクラスタグレー、ファインエナジーのファインブルーをカラー基調に、スタイリッシュでありながら、使いやすい優れた機能性と着心地、さらにユニフォームを着ることで、「ブランド」を意識し、気持ちが引き締まるようなデザインにこだわりました。
製作にあたっては、山口県に本社があり、日本全国の多くの企業にオリジナルユニフォームの企画・製造の実績がある原田
株式会社をプロジェクトパートナーとしてタッグを組みました。

2022年より正式導入されるオリジナルユニフォームを身にまとい、「Qrasta Quality」を実践する社員にご期待ください。

●オリジナルユニフォーム
3つのPOINT

  • 【優れたデザイン】
    スタンドカラーを採用し、スッキリとしたシルエットで、「着たくなるデザイン」
  • 【使いやすい機能】
    タテ型ポケットをはじめ、スムーズな業務を実現する使いやすい機能が充実
  • 【ブランドへの意識】
    ブランドカラー、ブランドロゴで“誇り”をまとう
グループ全体の行動指針

皆様のくらしを支える事業者としての社会的責任を 果たしていくために、規律正しく、きちんとした組織づくりは、 コンプライアンス経営を実践する上でも欠かすことができない企業経営の根幹であると考えています。その上で、非常事態の際にも、社員一人ひとりが、自ら適切な判断をし、積極的に行動していくことも大切です。
2011年の東日本大震災を契機に、私たち冨士クラスタグループは、秩序ある組織の中で、社員一人ひとりが柔軟性と機動力を持ち、どのようなことがあっても、お客様に対してサービスの品質を損なわないよう、グループ全体の行動指針を設定しました。
「大切なのは 自ら考えて 行動すること」をスローガンに、非常の際においても、「自律的に 能動的に」行動できる人材づくりを進めています。サービス品質とともに、高い視点での社員自身の意識の向上にも努め、より良い企業グループづくりを進めていきたいと考えています。

全事業所内に掲示されている行動指針を示したポスター

全事業所内に掲示されている
行動指針を示したポスター

安全衛生委員会
日常業務における事故・災害の防止と、販売先、お客様の安全確保、従業員の安全衛生意識向上などを目的に、安全衛生活動を行っています。各職場ではこの活動を日・週・月間単位で行い、本部安全衛生委員会は春季・秋季の年2回開催し、安全意識の高揚と情報の共有化をすすめています。
防災訓練
毎回テーマを設定し、各事業所にて春季・秋季の年2回実施しています。特に製造施設においては、消防署等の行政機関とも共同して実地訓練、体験訓練、通報訓練等、充実した訓練を行っています。
LPGローリー
荷役コンテスト
大型ローリーによる安全で確実なLPガスの輸送とマニュアルに即した荷卸し業務の徹底を図るため、「LPGローリー荷役コンテスト」を、充填所構内で毎年、実施しています。

グループの事業とサービスについて — Business & Service —