企業姿勢

冨士クラスタグループでは、これまでグループを取り巻くステークホルダーのみなさまと良好な関係を築くことを目指して企業活動を実践してまいりました。

企業活動とは、そこで働く社員一人ひとりの行動の積み重ねであることは言うまでもありませんが、様々なステークホルダーの皆さまから受け入れられるためには、社員全員が法令を遵守すること、社内規定を遵守し、社会規範を尊重し企業理念に則った行動をとること、即ち「コンプライアンス経営」を徹底していくことが必要不可欠と言えます。

そこで、冨士クラスタグループではコンプライアンス経営を徹底するための「コンプライアンス・マニュアル」を制定・発行し、また全社員からコンプライアンスに関する内容を理解すると共に遵守していく「確認書」を取得しています。

コンプライアンス・マニュアルは以下の2つで構成されます。

ページの先頭へ戻る

企業行動憲章

この「企業行動憲章」は、当グループが企業活動を行っていく中で役員および 従業員が遵守すべき普遍的な考え方を定めるものです。
役員および従業員は、この「企業行動憲章」の実践を自らの重要な役割として認識して、グループ内組織だけでなく関係先を含めての周知徹底と定着化に最大限努力するものとします。
また、この「企業行動憲章」に抵触する事態が発生した場合には、自らの責任で問題解決を図り、原因究明と再発防止に向けた業務改善を行うものとします。

健全な企業活動の展開

  • 法令、企業倫理、社会的規範、そして社内ルール・業務マニュアルを遵守することにより、公正かつ健全な企業活動を行います。
  • 優れた商品・サービスの提供と高度な安全性を維持しながら、顧客、取引先、 社員、株主、地域社会等の幅広い社会との健全かつ良好な関係の維持に努め、 自由で透明な市場競争に基づく公正な取引を行います。

健全な職場環境の確保

  • 社員一人ひとりの人格・個性・生活を尊重すると共に、その主体性と創造力を最大限に高めることのできる企業風土を実現します。
  • 職場の安全と社員の健康を守ると共に、人権を尊重し、差別のない健全な 職場環境を確保します。

健全な社会コミュニケーションの実践

  • 地域社会との密接な連携と協調を図り「企業市民」としての社会責任を自覚し、 ライフライン供給事業者としての使命を果しながら地域社会の発展に貢献します。
  • 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力への関与を排除します。
  • 地球環境をより良き状態に維持していくために省エネルギー、廃棄物の削減等を推し進め、企業活動との共生を目指します。
ページの先頭へ戻る

グループ全体の行動指針

皆様のくらしを支える事業者としての社会的責任を 果たしていくために、規律正しく、きちんとした組織づくりは、 コンプライアンス経営を実践する上でも欠かすことができない企業経営の根幹であると考えています。その上で、非常事態の際にも、社員一人ひとりが、自ら適切な判断をし、積極的に行動していくことも大切です。

2011年の東日本大震災を契機に、私たち冨士クラスタグループは、秩序ある組織の中で、社員一人ひとりが柔軟性と機動力を持ち、どのようなことがあっても、お客様に対してサービスの品質を損なわないよう、グループ全体の行動指針を設定しました。

「大切なのは 自ら考えて 行動すること」をスローガンに、非常の際においても、「自律的に 能動的に」行動できる人材づくりを進めています。サービス品質とともに、高い視点での社員自身の意識の向上にも努め、より良い企業グループづくりを進めていきたいと考えています。

全事業所内に掲示されている行動指針を示したポスター

全事業所内に掲示されている
行動指針を示したポスター

ページの先頭へ戻る

安全衛生委員会

日常業務における事故・災害の防止と、販売先、お客さまの安全確保、従業員の安全衛生意識向上などを目的に、安全衛生活動を行っています。各職場ではこの活動を日・週・月間単位で行い、本部安全衛生委員会は春季・秋季の年2回開催し、安全意識の高揚と情報の共有化をすすめています。

ページの先頭へ戻る

防災訓練

毎回テーマを設定し、各事業所にて春季・秋季の年2回実施しています。特に製造施設においては、消防署等の行政機関とも共同して実地訓練、体験訓練、通報訓練等、充実した訓練を行っています。

ページの先頭へ戻る

LPGローリー荷役コンテスト

交通事故、業務事故、作業事故、労災事故等、あらゆる事故を発生させないことをめざして、グループを挙げて「事故ゼロ運動」を展開しています。

ページの先頭へ戻る

安全支援システム(ファインエナジー)

ファインエナジーでは、最新の安全運転支援機器・システムの搭載、導入を積極的に推進し、KYT(危険予知訓練)やヒヤリハットによる安全運転指導や教育訓練も随時実施。事故防止と運転技術向上をめざし、事故を起こさないための「事故発生体験訓練プログラム」も行っています。上記の「荷役コンテスト」も実施しています。

ページの先頭へ戻る