ご挨拶・企業理念

ご挨拶

いつの時代も より良い暮らしのために
私たちにできることを誠実に

当社の前身である冨士鉱油は1962年(昭和37年)にLPガス卸売業者として設立されました。
高度経済成長期が始まろうとする当時、LPガスは暮らしを豊かにする新しい家庭用エネルギーとして人々に受け入れられ、その急速な普及と共に当社も発展することとなります。

ここに、お客さまと「もろ共により良く」という創業以来の理念と、地域やお客さまの「暮らしの豊かさ」に貢献するという、当社の原点があります。
その後、当社は移り変わる時代の中で、常に一貫してお客さまのニーズに応え続け、
すべての業務をお客さまの視点で行ってきた結果、事業は多岐、多彩に広がりました。

2012年に迎えた創業50周年をひとつの契機と考え、新たなる発展をめざして社名・グループ名を冨士鉱油から、冨士クラスタへ改めました。
これまでの50年も、これからの50年も、私たちの基本姿勢は変わりません。

私たちはこれからも、お客さまの毎日の「暮らし」を豊かにし、事業を通じて自らの価値の向上をめざしていきます。

私たちはこれからも、事業活動・社員の行動など、企業活動全般において、より良いものを提供していくことをめざしていきます。

私たちはこれからも、企業活動を通じて地域と社会へ信頼の輪を広げ、より一層、社会へ貢献することをめざしていきます。

お客さまのより豊かな暮らしを実現するために、地域に密着し、
さまざまなニーズに応え続ける私たちの取り組みに、これからもぜひご期待下さい。

冨士クラスタ株式会社 代表取締役 園木 章夫

ページの先頭へ戻る

企業理念

もろ共により良く Be together Be better living

お客さま、お取引先の皆さまとともに、より良い企業活動を進めていきたい。
コーポレートスローガンに掲げている「もろ共により良く」という言葉は、創業以来の、私たちグループが事業を進める上で、根幹となる思いです。

今後も事業を、企業活動を進める上で、皆さまとともに、企業としての正道を一歩一歩歩んでいきたいと考えています。

ページの先頭へ戻る